文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする

<img src="choushigawa_top.jpg" alt="" width="955" height="441"> <map name="Map"> <area shape="RECT" coords="624,91,752,122" href="http://" target="_blank" alt="銚子川シンポジウムへ"> </map>
 
森・人・海 生命をつなぐ銚子川
銚子川について
銚子川で遊ぼう
銚子川から発信
アクセス

NPO法人 ふるさと企画舎
紀北町役場
キャンプinn海山
紀北町観光協会
宮川流域ルネッサンス協議会 

 


 

●2018/11/11(日)NHKスペシャルで
「見えないものが見える川 奇跡の清流銚子川」が放送されました

ゆらゆら帯

全国でも有数の透明度を誇る銚子川。源流から河口まで透き通る水だからこそ見ることができる現象や、そこに棲む生き物たちの知らされざる生態が紹介され、「なぜ銚子川がここまで透明なのか?」その秘密に迫る放送内容となっていました。

再放送は11月14日(水)午前0時40分〜1時29分(13日深夜)です。お見逃しなく。

NHK公式ページ

●2018/11/5(月)サインクリーンアップ

看板清掃の様子

景観や安全性を高めることを目的に、銚子川沿いの看板をきれいにするサインクリーンアップがありました。
今年で8回目になる活動で、銚子川環境保全会・NPO法人ふるさと企画舎のメンバーが4班にわかれ、看板や標識の泥やホコリ・コケなどを清掃し、文字がくっきりと見えるようになりました。


●2017/9/28(火)写真集「青の川 奇跡の清流・銚子川」記者発表

青の川表紙

ネイチャーフォトグラファーの内山りゅう氏による写真集「青の川 奇跡の清流・銚子川」出版記者発表会がありました。会場となった紀北町役場本庁では、山と渓谷舎・自然図書出版部長の神谷有二氏も出席し、内山りゅう氏と完成を報告するとともに、報道関係者からの質問に応対しました。


●2017/9/24(祝・月)おはよう日本祝日特集で銚子川から生中継

中継の様子

NHK総合『おはよう日本』祝日特集として、「奇跡の清流・銚子川」の放送がありました。
透明度が高い銚子川だからこその「空飛ぶカヌー」や絶滅危惧種のニホンウナギについてなどが紹介されました。

●2018/9/9 銚子川一斉清掃がありました

集合写真

夏休みが終わったタイミングで毎年実施している「銚子川一斉清掃」が今年も行なわれました。
今年は地元の子ども会からの参加もあり、関係者を喜ばせました。8月末の台風の影響もあってか、なかなかの大物もありました。

また、対岸のキャンプinn海山でも、宿泊客がスタッフとともにキャンプ場前の川原を中心に清掃活動に取り組みました。



●「銚子川ルール」ができました

川遊び

奇跡的な透明度で年々人気が増す銚子川。川遊びなどで楽しみや癒しを提供してくれます。ただ、残念ながら利用者のマナーの低下も懸念され、迷惑駐車・排泄・ゴミ・騒音問題など年々増加しています。
地元で熊野古道・銚子川・観光などの課題に取り組んでいる「交流空間みやま」と紀北町・紀北町観光協会の協働で「銚子川ルール」がまとめられ、チラシの配布や看板設置がすすめられています。
ルールを守って、楽しく安全に銚子川を楽しみ、きれいな銚子川を守っていきましょう。


詳しくは「銚子川で遊ぼう」をご覧ください。

●2018/7/31(火)まで 銚子川フォトコンテスト作品募集中

魚飛び渓谷

「NHKスペシャル 奇跡の清流 銚子川〜見えないものが見える川〜(仮)」(30年度秋放送予定)を記念してフォトコンテストを実施します。 銚子川の素晴らしさを表現する写真をはじめ、川とともに生きる人々や、銚子川に遊びに行った時の思い出の写真などを募集します。

 主催:NHK津放送局
 後援:紀北町

詳細は、NHK津放送局HPをご覧ください

●2018/7/7(土)きほく七夕物語<中止>

カプセルを流す女性

雨天予報と銚子川の水量が多く、願い星カプセルの回収が困難なため中止となりました。

年に一度、銚子川が天の川に変わる!
灯りがともるカプセルに、願い事を書いた短冊を入れて銚子川に流します。みんなの願いが銚子川を彩ります。

日程:2018年7月7日(土)
願い星流し
  受付場所:種まき権兵衛の里
  受付時間:17:30〜20:00
  流し始め19:15〜流し終わり20:30
打ち上げ花火
  20:50〜数分
  みなさんの願いが天に届くように、打ち上げ花火でエンディング。
車でのアクセス
当日は、会場の種まき権兵衛の里とキャンプinn海山には駐車場がありません。
必ず、海山公民館か銚子川河川敷駐車場に車を止めてシャトルバスで会場までお越しください。
海山公民館横または、三重交通バス海山センター横・銚子川河川敷からシャトルバスの運行があります。


詳細は以下をご覧ください。
イベント詳細(pdf版)シャトルバスについて(pdf版)

主催:きほく七夕物語実行委員会
TEL:0597−39−3030
090−7686−2690(当日のみ)

●2018/6/29(金)新種発見記者発表

発表する3名

銚子川で新種のヨコエビと希少なハゼ類が発見され、以前から調査を進めてきた内山りゅう氏(ネイチャーフォトグラファー)、富川光准教授(広島大学大学院教育学研究科)、平嶋健太郎学芸員(和歌山県立自然博物館)の3名が紀北町役場で記者発表を行ないました。
ヨコエビは発見地にちなんでチョウシガワメリタヨコエビと名付けられました。
また静岡県以外では初めての発見となったユウスイミミズハゼについても報告されました。

●2018/6/3(日)アユ漁解禁

アユ

天然魚も豊富な銚子川で、 アユ漁が解禁になりました。
遊漁券をお買い求めの上、お楽しみください。
漁法・漁区・漁具に指定があります。

1日・・・ 3,000円
1年・・・10,000円
※解禁から10日間の1日券は4,000円
※アユ・アマゴ共通券もあります。

詳しくは、銚子川漁業協同組合組合長(脇 090-1471-4141)までお問い合わせください。

●2018/3/1(木)アマゴ漁解禁



天然魚も豊富な銚子川で、 アマゴ漁が解禁になりました。
期間は3月1日〜9月30日までです。
アマゴ遊漁券をお買い求めの上、お楽しみください。

1日・・・2,000円
1年・・・6,000円
※アユ・アマゴ共通券もあります。

詳しくは、銚子川漁業協同組合組合長(脇 090-1471-4141)までお問い合わせください。

 

 

 

 


ふるさと企画舎 TEL.0597(33)0077 FAX.0597(32)3800  E-Mail furusatokikakusya@zd.ztv.ne.jp