熊野本宮温泉郷・川湯温泉 すみや
menu
世界遺産・熊野古道
川湯温泉
お料理のご紹介
館内のご案内
料金
空室情報 問合せ
交通アクセス
すみや便り
世界遺産・熊野古道



(伏拝王子まで8キロ 車にて20分)
(発心門王子まで10キロ)
*川の熊野古道:熊野川を語り部がガイドして!
熊野川川舟センター(TEL0735-44-0987)


世界遺産:紀伊山地の霊場と参詣道とは
紀伊山地は、神話の時代から神々が鎮まる特別な地域と考えられていました。中国から伝来した「仏教」も、深い森林に覆われた紀伊山地の山々を阿弥陀仏や観音菩薩の「浄土」に見立て、仏が持つような能力を拾得するための山岳修行の舞台としました。その結果、紀伊山地には、それぞれの起源や内容を異にする「吉野・大峯」、「熊野三山」、「高野山」の三つの「山岳霊場」とそこに至る「参詣道」が生まれ、都をはじめ全国から人々の訪れる所となり、日本の宗教・文化の発展と交流に大きな影響を及ぼしました。

大雲取越 楠の久保 高野山 根本大塔

『紀伊山地の霊場と参詣道』は、三重、奈良、和歌山の三県にまたがる「紀伊山地の自然」がなければ成立しなかった「山岳霊場」と「参詣道」、及び周囲を取り巻く「文化的景観」が主役であり、日本で唯一、世界でも類を見ない資産として価値の高いものです。
この参詣道の1つに「熊野参詣道」、通称「熊野古道」が、この川湯温泉の近くを通ります。
この熊野古道は熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に詣でるための道になっています。
いつの時代にも、旅人の心のよりどころになっております。



熊野本宮大社
熊野詣での人々が夢にまでみた聖地、熊野神の社。杉の木立ちが生い茂る静かな森の石段を上がると、古式床しい雰囲気を漂わせる大社が現れます。
熊野本宮大社は熊野三山の一つで全国の熊野神社の総本宮でもあります。
大斎原(おおゆのはら)
明治22年の大洪水まで熊野本宮大社があったところ。 かつて社地であったことを知らせる大斎原は、二基の石祠があり、春は桜の名所になっています。
近くに日本一ジャンボな鳥居があります。

瀞峡
天下の名勝と讃えられる渓谷美。ウォータージェット船にて2時間の船旅。
 
大塔渓谷
起伏に富んだ岩が川の両岸にそそり立ち、見事な渓谷美をなして広がっています。
1年を通じて大自然を満喫できる秘境です。

いかだ下り
北山川のいかだ下りが5月の連休からはじまります。
かじか荘から北山のいかだセンターまで車にて1時間あまり。
TEL:0735−49−2324(北山村観光課)

熊野古道 熊野本宮温泉郷 川湯温泉 温泉民宿すみや
〒647-1717 和歌山県田辺市本宮町川湯    TEL 0735−42−0097  FAX 0735−42−1697
宿さがし.com 表紙へ